零からはじめまして

0からアフィリエイトをやってみてる大学生が日々を綴るブログです。

美女と野獣の実写を見てきました

美女と野獣の実写映画を見てきました。

 

 

僕は、美女と野獣のアニメーションを見たことがほとんどないのですが、とても盛況だということで楽しみにしていました。

 

映画館につくと、平日にも関わらず映画館には多くの方が、映画を見に来ていました。

 

僕は映画をみるときには、必ずポップコーンとドリンクを買うのですが、長蛇の列ができていて、買うのに10分程かかりました(-_-;)

 

席についてから辺りを見渡すと、既に多くのお客さんが。

大体、1/4は席が埋まっていたかな?

109シネマズでみたのですが、EXシートは全て予約が埋まっていました。

 

上映されると、あっという間に時間は過ぎ去りました。

 

感想としては、実写映画の中ではかなり良い出来、です。

シンデレラの実写も映画館で観たのですが、それに近いものがあります。

 

シンデレラとの違いは、CGの表現力でしょうか。

登場人物の多くは、ポットや時計などの無機物なので劇中ではCGが多用されます。

 

そこで注目されるのは、CGが違和感がないか?

ということですよね?

 

美女と野獣では、それらが紛れもなく生きているので、いかにして無機物に生命を与えられるか。

 

そして、結論としては、美女と野獣の実写では、それが全く違和感がない。

 

突然動き出す洋服掛けなどは、本当に生きているかのように映ります。

 

表情が本当に豊か。

演者の顔を合成しているのかな?って思うくらいにリアル。

 

今まで見てきた映画の中では、本当に1位2位を争うくらいの面白さだったな。