零からはじめまして

0からアフィリエイトをやってみてる大学生が日々を綴るブログです。

地元民が教える、江の島へのおすすめの行き方

僕は、江の島から徒歩20分程の場所に住んでいます。

 

そのため、子供のころから何度も通っていますし、彼女とデートしたり、家族で観光に行くことも多いです。

 

そんな僕が、江の島観光についての解説をしたいと思います。

ただ、ありきたりなプランでは、ネット上にはかなりの情報が既に上がっています。

 

そのため、普通の江の島観光ではなく、少しニッチな情報を提供したいと思います。

 

そのニッチな情報とは、ずばり行き方。

行き方の違いで、江の島観光の楽しみ方は大きく変わります。

 

また、あくまで紹介する情報は、江の島に関することです。

ここでは紹介していませんが、鎌倉観光も同時に行うことをおすすめします。

 

 

江の島への行き方

江の島への行き方としては、複数の行き方があります。

それらについて、同行者やあなたの年齢や目的、季節によって適したものを選ぶとよいです。

それらについて説明します。

 

船を使うこと

 

江の島大橋の近くに行くと、船が出ているので、そちらに乗るとよいです。

それに乗ると裏磯まで簡単にいくことができます。

(普通に行こうとすると、何百段もの階段を20分程歩くことになります)

 

あらゆる方におすすめできるので、利用を検討しましょう。

 

使用される方は、岩屋洞窟に行く方、裏磯に行ってみたい方、湘南の海を眺めながらごはんを食べたい方、龍恋の鐘に行きたい方に推奨します。

 

サムエルコッキングや江の島灯台に行きたい方、シラス丼を食べたい方、江の島神社に行きたい方、表磯に行きたい方は、江の島大橋を渡りましょう。

 

江ノ電で行く場合、おすすめの下車駅

多くの方は、江の島駅で降ります。

 

ただ、僕がおすすめするのは、隣の腰越駅

 

なぜかっていうと、腰越駅から江の島へ行くのと、江の島駅から江の島へ行くのでは、江の島駅からの方が、5分ほど早くつきます。

ただし、江の島駅から行く場合は、江の島大橋の手前に来るまで、江の島をみることできません。

また、人通りが多いため、落ち着いていくことができないかもしれません。

 

 

腰越駅の場合、海の方に歩くと、目の前に大きく広がる湘南の海と江の島が見えて、とてもきれいです。

 

また、すぐ目の前の砂浜を歩いて江の島の方に行けます。

 

夏の場合は海水浴客であふれてしまうのですが、それ以外の季節ならば、ほぼプライベートビーチ状態です。

そのため、腰越駅で降りる場合は、デートややんちゃな子供がいる家族連れにおすすめします。

 

おいしいご飯屋さん

お昼は「とびっちょ」、おやつは「エッグスシングス」、夜は「レッドロブスター」が王道でしょう。

 

ただ、「とびっちょ」は海を見ながら食べるのは、難しいこともあるので、江の島の裏にある、ごはん屋さんに行くのもよいです。

 

休みの日でもすいていることがあり、海沿いの席ならば海が一望できます。

 

また料理も素晴らしく美味しい店ばかりです。

ずばり、ハズレはない。

 

料理は、ワタリガニの味噌汁や定食がうまし。

 

 

また、居酒屋であるなら、江ノ電江の島駅沿いで駅のすぐそばにある「丸」は隠れ家のようで、地元の客が多くいます。

 

とにかく、つまみがうまい。

あと、シメに卵かけご飯を頼みましょう。