読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0から始めるアフィリエイト生活

0からアフィリエイトを始めてみた。毎日の更新を心がけます。

最強のSEO対策はコンテンツSEOである

 SEO対策にもいくつか種類がありますよね?

 

 

ロングテールSEOやサテライトサイトなどのバックリンクなど、たくさんの方法があります。

これらは、サイトの検索エンジンからの評価を高くして上位表示を狙う方法ですが、どれが最も効果があるのか?という答えは、恐らくアフィリエイターによって変わると思います。

 

というのも、どのアフィリエイターもそれぞれが自分が最も効率の良いと思う方法で、サイトなどを作成していると思いますが、みなそれぞれ違う方法を用いていると考えてよいです。

 

ある人はロングテールを用いたキーワード選定を用いることで成功する。

ある人はペラサイトを大量生産することで収入を得る。

ある人は巨大なパワーサイトを作成する。

 

これらは、それぞれが成功して、自分の方法として確立したものであると考えられます。

そのため、一人一人の最大の効果を得るSEO対策が存在し得る。

そう、僕は思った。

 

 

ただ、原点に立ち返るとわかる事は、最高の効果のあるSEO対策は分からないが最強のSEO対策が何であるか、ということだ。

 

原点とは、検索エンジンのサイトへの評価とは、検索エンジンがどのようなサイトを求めているかということ。

そして、検索エンジンが求めるサイトというのは自明で「検索者が求める情報のあるサイト」である。

 

このようなサイトを作ることを、一般的にコンテンツSEOという。

 

なぜ、このようなサイトを作る事、すなわちコンテンツSEOが最強であるかというと、以下の項目があげられる。

 

  • 検索エンジンから評価される。
  • 読者から評価される。
  • ペナルティを受けない。
  • 記事を積み重ねていったとき、大きな財産となる。

 

これらが思い浮かぶだろう。

 

検索エンジンから評価されるのはいわずもがな、まさしく記事の内容が検索エンジンの求める内容となるからだ。

 

そして、検索エンジンから求められるコンテンツとは、イコールで読者が求める内容でもある。

これにより、ファンの獲得や滞在時間が伸びたり、一人のユーザーがいくつもページを読んでくれるかもしれない。

 

また、一つの大きな利点はペナルティを受ける可能性が無く、長い間一つの財産となりえるということだ。

ペナルティとは、検索エンジンが評価のつけ方を変えることで、サイトの評価が落ちてしまうことを言う。

つまり、自演リンクや中身のないペラペラな記事は、一時のしのぎにしかならず、すぐさま検索エンジンから認識されないリスクをはらむ。

 

コンテンツSEOを用いた、良質な記事はこれらの対象には含まれず、いつまでも財産として価値を残す。

 

これらから、コンテンツSEOは欠点のない最強のSEO対策と言えよう。

 

ただし、最高の効果を得るSEO対策とは別だと考えてほしい。

最高の効果を得るSEO対策とは、自分が生み出すものである。