零からはじめまして

0からアフィリエイトをやってみてる大学生が日々を綴るブログです。

色弱な私は色が苦手。色の名前も分からない。

どうも、ゆうです。

 

 

僕は色弱です。

生活に困るほどではないのですが、たまに嫌な思いをすることがあります。

 

これを読んでる人に、色弱の実態を知ってもらいたいです。

 

 

 色弱とはなにか

 

色弱って普段暮らしているぐらいでは、なかなか聞くことのない言葉ですよね?

また、色盲と混同される傾向にあるようです。

 

色盲色弱の違いは、網膜にある色細胞の一つが全く無いか、人より少ないかの違いです。

赤緑色盲や赤緑色弱というように、赤色と緑色の区別がつかない、またはつきにくいというのが特徴です。

 

私の場合ですと、赤と緑の他に、黄色と橙色、青と紫、赤と茶などの色に加えて、状況によっては他の色も区別がつきにくいことがあります。

 

色の名前が分からない

 

この他に、私は色の名前が分からないという、謎の症状があります。

 

例えば、黄色と橙色が並んでいるときに、この二つの色がどうやら違う色だとわかったとします。

そのときに、どちらかが黄色でどちらかが橙色だと教えられても、私はどちらが黄色なのか分かりません。

 

小学生の頃などは、クレヨンとかで絵を描くときに、とても苦労した覚えがあります(笑)。

ひまわりを黄色で塗ろうとして、間違えて橙色で塗っちゃったりね。

 

なのに、視力はめっちゃいい

 

色が識別できませんが、その分といっては何ですが、視力はめちゃくちゃいいです。

この前、健康診断で検査したのですが、両目裸眼で1.5可。

 

つまり、測定限界の値です。

友達とか、親はめちゃくちゃ驚きます(笑)。

 

色弱で困ったこと

小学生の頃、絵で困った以外にも結構あります。

箇条書きで紹介しますね。

 

  • 免許とるときに、色覚検査で赤と茶を間違える。
  • ゲームで、画面上の赤のボタンを押すタイミングで緑のボタンを押す。
  • 趣味の電気工作で、抵抗のカラーコードを読み取れない。
  • 車を運転するとき、ランプが夕日で反射して橙色になっているのに、赤だと思って停車する。

 

このような感じです。

 

そんな困ってなくね?

 

って思ったでしょ。

 

色覚検査間違えるとか、めちゃくちゃ恥ずかしんですよ。

みんなこっち見るし。

 

車運転してるときとか、結構疑心暗鬼になりますよ(笑)。

 

あれは赤なんだろうか?って。

 

まとめ

 

誰か、色が分からないっていう症状が何なのか教えてください。

最後まで読んでくれてありがとね。